目立たないのが利点

インプラントが目立たない理由

前歯のインプラントは目立たない

歯はどの歯もいつ抜けるかわかりません。その中でも前歯は特に抜けてほしくない歯の上位を占めます。その理由に最も人目に触れやすく、食事や会話・笑った時など常に人の目にさらされる為視線を気にしてストレスを感じる人も多いです。しかしインプラントは従来の義歯とは違い、周囲の歯との差が生じにくい傾向にあります。その理由に設置・固定する為日常的に周囲の歯と同じ環境にて管理される為、色合いやバランスも徐々に馴染み適応していきます。その結果、しばらくすると目立たないようになっていきます。そのことからも前歯が抜けた時はインプラントを受けるという人が増えています。

インプラントは目立たない治療

歯というものは意外と他人にも見られている部分でもあります。しかしどうしても歯は年齢とともに弱っていくものなので、治療が必要になってきます。できるだけ治療した形跡を目立たないようにするにはインプラント治療がいいです。被せ物をしたり、金歯や銀歯はどうしても目立ってしまいます。また入れ歯という治療方法は金具で取り付ける方法が一般的なのでどうしても金具が見えてしまうものなのです。しかしインプラントは違います。治療は歯茎の中に器具を取り付けて金具の部分は見えずに目立たないので、キレイな歯のみが見えるのです。

↑PAGE TOP