きれいに治したいなら

きれいに治すにはインプラント

インプラントは一番目立たない

歯が折れてしまったり、無くなったりするととても目立ってしまいます。会話や食事などで無くなった歯が見えてしまうことにもなります。きれいに治す方法としてはインプラントがあります。入歯という治療方法もありますが、入歯の場合はやはり見てわかるものです。歯茎に入歯を被せることになり、それを固定させるためには金具で留めなければならないため、その金具が見えてしまうことにもなります。その点インプラントは歯茎に直接器具を埋めて人工の歯を取り付けるという方法なので歯並びも自然であり一番目立たない修復の方法ということになります。

インプラントの長所とは

インプラントは治療痕が目立たない方法で本物の歯に近い噛み心地を提供してくれます。入れ歯やブリッジは色が違っていたり金具が目立ってしまい、どうしても口元が気になってしまう場合があります。人工歯根を用いて本物の歯に近い被せ物をするインプラントは治療後に目立たない最適な方法になります。特に多くの歯を失っているような場合では以前のような噛み心地を得るためにも最適な方法になります。歯並びの悪さを改善させる事も出来ますから、歯並びが悪くて大きく口を開けられなかった人にも適しています。また虫歯や歯槽膿漏も防ぐ事が出来ます。

↑PAGE TOP