自然な出来上がり

インプラントなら自然

インプラントは留め具が見えない

インプラントの治療方法は歯茎の中にある骨を使用します。その骨に器具を埋め込んでしっかりと固定をさせてから人工の歯を取り付けて治療します。他に部分入れ歯などの治療方法もありますが、その仕上がりは明らかに違うものとなるのです。入れ歯の場合は歯茎に装着する構造のためにその両はしの歯に留め具で固定をするという方法になります。しかしこの方法では入れ歯をしているということがすぐにわかるほど目立ってしまうのです。インプラントの場合はこのような留め具が見えるというようなことはありません、自然の歯と同じで目立たないというとくちょうがあるのです。

目立たない治療が可能

歯周病や虫歯、けがなどの様々な事情で歯を失ってしまうということが少なからず起こりますが、その様な場合における最も有効な治療法の一つとして歯科インプラントと呼ばれる治療が推奨されています。この治療法は失われた歯の代わりに金属製のボルトをあごの骨に打ち込んで固定をし、そのボルトを歯根とすることで歯の再形成を行う技術です。入れ歯に比べて目立たない自然な仕上がりにすることも可能であり、着脱の必要がありませんのでまるで自分の歯が蘇ったかのような感覚を取り戻すことが出来ます。この様な効果が期待できるインプラントは健康保険の適用こそないものの、有効な治療技術として注目を集めています。

↑PAGE TOP